現在、多くの企業がモダンマーケティングを実践する上で困難に直面しています。

主な要因を下記にまとめました。

1)顧客は自分が好きなブランド(企業)から多くのことを期待しています。中でも、ブランドからのコミュニケーションにおいて以下の要望が高まっています。

「自分に関連性の高いコンテンツを受け取りたい」

「自分が欲しいタイミングに役に立つオファー(情報)が欲しい」

「自分のよく使うチャネル/デバイスで情報を受け取りたい」

 

2)膨大な数のマーケティング・テクノロジーが存在し、その機能が重複していることが多いため、自社に適したソリューションを選定することが難しい。または、自社に適していないソリューションを選定しまうリスクが高い。

 

3)理想的なカスタマー・エクスペリエンスを実行するために必要なマーケティング・テクノロジーを理解した人材の不足。

 

 

マーケティング・テクノロジーに関わる企業の課題:

  • 組織内にマーケティング・テクノロジーを統括する「人材」と「プロセス」がない。
  • テクノロジーのガバナンスにおける「プロセスやルール」と「ドキュメント」が統一化されていない。
  • 増幅する「シェルフウェア」(購入後に全く、あるいはほとんど使用されずに棚に保管されたままになっているソフトウェア)
  • モダンマーケティング時代に適していないマーケティング部門の責任領域。(IT部門とのコンフリクト)
  • カスタマーライフサイクルに沿ったコミュニケーションプランや素材が用意されていない。
  • 社内によるマニュアル作業、セグメンテーション、キャンペーンに限定されたレポート分析(KPI)など、旧来の考え方が優先されている。
  • カスタマージャーニーを管理するプラットフォームが一元管理されていない。(サイト、広告、Eメール、CRMなどが分断化された状態で管理されている状態)

 

弊社では、上記のような課題をもつ企業をサポートするための豊富なサービスを用意しています。

マーケティング・テクノロジーの導入を検討されている企業は、中立的な立場で豊富な経験をもつ弊社エキスパートの意見を聞いてみませんか?

お気軽にこちらからお問い合わせください。